『泥中の蓮』キャストインタビュー


後列左から 狩野 翔さん、小林英樹さん、松井暁波さん、岡井カツノリさん、熊谷海麗さん、烏丸祐一さん、眞對友樹也さん
前列左から 橘 秋生役 小林裕介さん、橘 元春役 増田俊樹さん


※ネタバレ注意※
インタビューの中には『泥中の蓮』の途中の展開やエンディングについてのコメントもあります。ご注意下さい。

――収録のご感想をお願いします。

増田さん:台本を読んでいて自分が演じるキャラに騙されるのは、なかなかないことでした。
「彼はなんでこんなことをするんだろうな?」というのが最後のエピローグに紐づけられていて、最後に
「こういった意味があるから、今までこんな風にやってきたんだ」となるのは珍しい作品、役どころだったので、
役者冥利に尽きるといいますか、面白い挑戦ができる役に出会えたと思いました。

小林さん:今までもいくつかBL作品には出させていただきましたが、どこか陽の部分がある作品が殆どで、
負の方向に振り切っている作品は今回が初めてでした。収録も空気が重いというか、正に泥の中にいるよう な感覚でできたので、
役者としてはすごく面白かったですし、世界観に入り込むことができたと思いました。実りのある収録だったなと感じております。

――演じたキャラクターの印象は?

増田さん:すごい人だなって……。数年離れるのも、彼にとっては目的があって賭けでもあって、見つからないようにしているけど、
見つかることを求めている。どこであの気持ちが芽生えたのか、両親を亡くす前なのか、失くした後なのか、
先天的なものなのか後天的なものなのかはわからないですが、あれだけの執着心を持っているのが、すごいキャラクターだと思いました。

小林さん:途中からは剥がれちゃいましたが、外から見たらすごくいい弟でも中身は実は……というところが、僕に似ているかなって。
僕も決して内面がきれいな人間ではないので、でも秋生くんと似ていると言ったら語弊がありそうな……。
増田さん:大丈夫ですよ(笑)
小林さん:じゃあ、僕にそっくりなキャラクターだと思いました(笑)。本来は自分の裡に色々あっても言葉にはしないけれど、
それを敢えて口に出せるのがドラマCDやアニメの面白いところで、僕もモヤモヤしたものを吐き出せずにいる人間だから、
そういうのをそのまま出して表現できるキャラクターと巡り合えたことはとても楽しかったです。よくもあそこまで
黒くなれるものだなと思いましたね。どこからあの感情が芽生えたのかは僕も気になるところで。そういうところは共通しているね。
お互いどこからそういうのが始まったのか。
増田さん:ですね。
小林さん:色々想像してやっていくとどんどん深みに嵌っていくキャラクターで、作ろうと思えばどんな方向にでも病んでいけて、
本当に作り甲斐があったなと思います。



――相手のキャラクターの印象は?

増田さん:酷いキャラですね。女の子を邪険に扱って。
小林さん:そこな。
増田さん:物のように。よくないですよ、ああいうの。
小林さん:すみません。秋生によく言っておきます。
増田さん:本当にダメですよ。
小林さん:女の扱いに対してのとこだけか(笑)
増田さん:女の子の扱いが悪い男はダメです。僕は元春くんとは似ていないので、例え相手が女の子でも
あんなに簡単に体を預けられない。
小林さん:ほう。
増田さん:「好き」がないと無理じゃないですか?
小林さん:「僕(秋生)はよくわかりませんけど」。
増田さん:え? 「好き」がなくてもできるんですか?
小林さん:「僕はよくわかりませんけど」。そういう人もいるんだよ。
増田さん:ああ! びっくりした(笑)。人を愛さないとできない、ということがわからないのかと。「僕はできちゃうんで」って。
小林さん:いやいや、違う違う(笑)
増田さん:秋生はそういうところが元春と似ているのはやめて欲しかった。でも本当にねえ、良くないですよ。
小林さん:わかった、わかったよもう(笑)
増田さん:(小林さんが秋生に)似てるって言ったじゃないですか。ダメですよ。
小林さん:そこが似てるとは言ってない(笑)

小林さん:元春のやっていることはあれですが、それも結局は秋生を思ってのことであって、秋生が間違った道に行こうとすれば
正してくれるし、「あんなことしてるくせに、なんでそんな正当なこと言うんだよ」というギャップはあっても、
やっぱり兄ちゃんなんだなというのを言葉の節々に感じます。秋生の方がしっかり者に見えていても、
やっぱりちゃんとお兄ちゃんなんだ、と感じるキャラクターでした。
増田さん:大人ですからね、元春は。

――初めて台本を読んだ時、2人はどんなラストを迎えると思いましたか?

小林さん:僕は監禁エンドになると思っていました。秋生が「じゃあ僕は“うん”て言うまでこの関係を続けるよ」みたいに、
元春が受け入れずに終わる監禁エンドが待っているのかと。
増田さん:僕はなんだかんだで元春が秋生を受け入れるのかなと思っていました。どんなにちぐはぐしていても、
「最後はくっつくんだろう」と思いながら見ていたら、元春がいなくなったから「おお!」って。しかもそこから数年経っちゃって。
小林さん:ねえ。
増田さん:ハッピーエンドだと思っていましたよ。元春は弟のことが好きですから。「お前が嫌いじゃないし、
兄弟という関係は腑に落ちないけれど、でもちょっと考えてみよう」みたいな感じで、二人の関係性に対して
考え始めるところで終わるかなって思いました。
――実際のオチは予想外でしたか?
増田さん:そうですね。
小林さん:実は元春が、というのは全く想像していなかったです。
増田さん:大人だし、最初からなんかこう自分の懐を見せない奴だとは思っていましたけど、作品を読んでいても
「ああ、そういうことを腹に抱えていたんだな」というところは読めなかったですね。
――秋生がもし元春の本当の気持ちを知ったらどうでしょう?
小林さん:知ったとしてもそんなに怒らなそうな気がします。寧ろ「だったらもっと早く言ってくれよ」って。
(くっつくまでに)何年も経ちましたもんね。罪な男だよ、元春。
増田さん:どうも(笑)

――リスナーさんへのメッセージ

増田さん:BL作品は愛や二人の関係性が描かれているお話が多いと思うのですが、『泥中の蓮』は、周りの人達にどう掻き乱されても
最後の最後はやっぱり二人だけの世界だったんだなと感じる、濃密な愛憎を描いた作品になっています。
一度聴いて最後で「わーっ」と思った方は、もう一度元春の腹の底を知っている状態で聴いていただけると、
また違った楽しみ方ができるのではないかと思っております。何度も何度も、ずっとこの作品を楽しんでいただければ幸いです。

小林さん:この作品は元春と秋生の二人だけを見ればハッピーエンドですが、ただ単に男性が男性を好きなだけじゃなくて、
兄弟という縛りがあるので、周りの人達には受け入れられず、一生理解されずに進んでいく、そんな閉鎖的な中で
語られる物語だと思います。ディープな世界観に浸って、聴き終わった後には重い溜息が出るくらい集中して聴いてもらいたいです。
さっき増田くんも言っていましたが、実は元春が物事を操っていたというのを理解した上で聴き直すと、
お芝居で「これはもしかして」と気づく部分が出てくるかもしれません。そんなところも気にしながら、
何度も聴いていただけると嬉しいなと思います。



会社概要 | プライバシーポリシー

© CROWN WORKS All rights reserved.