『アホエロ』キャストインタビュー


後列左から 竹朗(小学校時代)役 藤田奈央さん、中西(小学校時代)役 内村史子さん
違和感・晶役 内匠靖明さん、たかし役 本橋大輔さん、中野泰佑さん
前列左から 竹朗役役 深町寿成さん、坂口役 村瀬 歩さん、高東役 八代 拓さん、中西役 寺島惇太さん


――収録のご感想

村瀬さん:結構分量のある作品で聴きごたえもあり、読みごたえもありという感じで、集中力を切らさないよう努めて
演じさせていただきました。内容自体もすごく楽しくて、自分の中でも演じていて面白いなというのが大きくて、
生き生きと演じられたと思います。

八代さん:時間の経過や過去の回想などが目まぐるしく入れ替わる作品だったので、台本のページ数は多かったんですが、
気持ち的にはとても短く感じるくらい楽しく収録させていただきました。

――演じたキャラクターのご感想

村瀬さん:普段僕がやらせていただくキャラは、どこか病んでいたり拗れたりしていて、人からあまり共感を得られないことが
多いんですけど(笑)
八代さん:(笑)
村瀬さん:そんな中で坂口くんはすごくスタンダードな子という印象で、普通の感覚を持っているのが逆に新鮮でした。
八代さん:高東は、思ったことをストレートに伝えるのが苦手なタイプかと思いきや、面白いタイミングで思ったことを言うので、
彼の中で色んな考えがあった上での言動だとは思うんですが、「お前急だな」って言われそうなキャラクターです。
村瀬さん:(笑)
八代さん:たぶん、本人にとっては急じゃなかったりするんですが。
村瀬さん:(自分の中で)整理がついてるからね。
八代さん:僕自身にもそういう部分があるので、「こういうのわかるな~」と思いながら演じさせていただきました。

――自分もしくは相手をアホだなと思ったエピソード

村瀬さん:相手のことの方が言いやすいかもね。
八代さん:なぜ? なぜ?
村瀬さん:そっちのが言いやすい。
八代さん:じゃあ言って下さい。僕がアホだと思うこと。
村瀬さん:ん~、先にどうぞ。
八代さん:いやいやいや(笑)。後輩から先に言うのは無理です。
村瀬さん:わかった、じゃあ先に言う(笑)。彼はすごく真面目なんですよ、見た目に反して。
八代さん:(笑)
村瀬さん:最初に会った時、チャラそうだなとか、絶対元ヤンだろうなって思ったんですけど、全然そんなことはなくて
本当に純朴なんです。でも彼、耳がついてるはずなんですけど、たまについてない時があるみたいで、人が言ったことに
「えっ? えっ?」となる時が5回に1回くらいあって。
八代さん:はい……。
村瀬さん:あんまり僕に興味がないのかな。
八代さん:違う! 違う!
村瀬さん:そういうところはちょっとアホなのかなって。でも、そこもチャームポイントなのかなと思ったりしますね。
八代さん:違うんですよ。それに関しては、僕同時に二つのことができないんで……。
村瀬さん:あはは(笑)
八代さん:思考している時に何かが耳に入ってくると、普通は「はっ!」って気づくんですけど、僕は通り過ぎてしまうんです。
村瀬さん:反応しなきゃとは思ってるんだよね。
八代さん:はい。
村瀬さん:だから「はい」って返事はするんだけど、その後で「なんでしたっけ」って言うから、そういうのがアホに見えるなと思って(笑)
八代さん:そうですね(苦笑)。村瀬さんは全然アホなところがないですね。
村瀬さん:強いて挙げるなら? 1個でもいいよ、1個でも。
八代さん:いや、もうホント完璧なので。
村瀬さん:(先輩からのプレッシャー)挙げろよ!(笑)
八代さん:(笑)。すごく頭の回転が速いし、僕ではその速度では辿り着けないというようなところまでパっと行けてしまう
瞬発力もあるんですけど、たまに行く方向が「ん?」という方向だったりして。『アホエロ』の中西と竹朗の手に顔をというシーンで、
村瀬さんはずっと自分で両手をこうして顎を乗せているって解釈してたんですよ。

[ 村瀬さんが解釈した中西家 ]


[ 原作コミックスの中西家 ]


[ シナリオの中西家 ]


村瀬さん:そうなんですよ(笑)
八代さん:原作の漫画を読む前に台本で字面を見て、そこに思い至ったみたいで。
村瀬さん:中西家ではこれが普通なのかな、みたいな(笑)
八代さん:絵がないとはいえ、この状況だと何かおかしいと思うわけじゃないですか。でも一度思い至るとおかしいと思わず
「中西家すげ~っ」となるところは、先輩だけどめちゃめちゃアホだなと思います。
村瀬さん:それは否定できないですね。たまに常軌を逸してる考え方をしちゃう時があるんで。
八代さん:ちょっと人とは違う発想があるんですよね(笑)
村瀬さん:良かった、それが許される職業で。
八代さん:確かに。



――一緒に暮らすならどんなタイプが良いですか?

村瀬さん:僕は家族以外は無理ですね。想像できない。家族は生まれた時からずっと一緒だから(大丈夫)。
八代さん:でも結婚しちゃえば家族ですよ。
村瀬さん:え、無理ですね。
八代さん:……。
村瀬さん:一人でいるのが一番楽だから(笑)
八代さん:あ~なるほど。
村瀬さん:例えば友達と何日かルームシェアするんだったら楽しいかもしれないけど、それが1年、2年、3年と延々と
続くかもしれないというのは果てしなく苦痛なので無理です。
八代さん:マンションの隣の部屋とかは?
村瀬さん:3階くらい上だったら大丈夫。
八代さん:もう他人じゃないですか。
村瀬さん:それくらいじゃないと、ちょっと無理ですね。
八代さん:あまり干渉し合わない人がいいんですね、どちらかと言うと。
村瀬さん:うん、そうだね。
八代さん:あと、お互いにお互いが一番じゃない方がいいですね。
村瀬さん:じゃあ坂口と高東みたいな関係は無理だ。自分達は認識してないけど、結局はそういうわけだったじゃん。
八代さん:そう言われると、そうですね。だからあれだけ人に夢中になったり、自分以外に一番がある状況になるっていうのが、
そもそも新鮮だったりします。
村瀬さん:役者って変わっている人が多いから、そういう風になっちゃいますよね。
八代さん:正直に話すとそうなりますね。

――リスナーさんへのメッセージ

村瀬さん:本当に楽しく収録させていただきました。原作も一度読んだだけだと「普通に面白かったな」くらいの感想なんですけど、
二回三回と読むとじわじわとわかってくる面白さがあって、そういう良さを少しでも生かして音でも魅力的に表現できたらいいなと
思って取り組ませていただきました。ぜひ楽しみにしていただければと思います。

八代さん:このジャンルのCDにあるべき恋愛のシーンももちろんたくさんあって、そこも聴いていただきたいし、
原作にあるアホさと言うか、クスっと笑えたり本気で笑えたりするシーンが、声がつくと更に面白いものになっていると思うので、
ぜひぜひそんなところも聴いていただけたらと思います。よろしくお願いします。



会社概要 | プライバシーポリシー

© CROWN WORKS All rights reserved.