『ご利用は計画的に』キャストインタビュー




後列左から 金蔵陽生役 宮崎 遊さん、ガソリンスタンドの店員役 浅井京太さん、金蔵ますみ役 平 ますみさん、哲役 小林千晃さん、金蔵真二役 鈴木琢磨さん
前列左から 金蔵 真役 熊谷健太郎さん、五代愛美役 興津和幸さん

――収録のご感想

興津さん:いっぱい喋っていっぱい絡んで楽しかったです。お金大事。借金はやめましょう。
熊谷さん:だんだん口が回らなくなってくるぐらい、頑張ったと思います。すみませんでした。
興津さん:謝るんですか(笑)。謝ることは何もない(笑)
熊谷さん:すごく楽しい時間でした。借金をする前に、相談できる人に一度相談してみましょう。お金大事。
興津さん:そうだね(笑)。勇気を持って。
熊谷さん:友達でもいいし、親でもいいし。うちの親は、借金するくらいだったらまず親に言ってこいと。
興津さん:僕も言われたよ。
興津さん熊谷さん:「人に借りるんだったら、まず親に」。
熊谷さん:頑張っていきましょう。
興津さん:(笑)
熊谷さん:お金を貸している側と、返すために奔走する側のお話ではあるんですけれど、基本的に悪い人が出てこなくて、ほのぼのというかシリアスになり過ぎない絶妙な世界観で、やっていてすごく優しい気持ちになる瞬間もあれば、ついつい笑ってしまう瞬間もありました。借金が1500万、利息込みで1800万あったら、ぼくはかなり絶望すると思います。
興津さん:真のパパは本当に絶望して、出稼ぎに行っちゃいましたけど(笑)
熊谷さん:自分ひとりでお婆ちゃんと弟を支えていくんだと言う真に尊敬の念を抱き、とても彼のことが好きになりました。
興津さん:偉いよね。かっこいい。貸している側の五代も、連帯保証人だからしょうがなく真のところに来ているわけで。「金返せゴラぁ」って。
熊谷さん:最初の見惚れている時の興津さんの息のお芝居がすごく好きで。
興津さん:(笑)。見惚れているけれど睨んでいるように聞こえる息。
熊谷さん:真は睨まれてるって思ってたんですけど。
興津さん:真を見てフガフガしてただけなんですけどね。
熊谷さん:あそこで「あ、睨まれてる」って気持ちになっている真と、それが微笑ましくなっている熊谷の気持ちがぶつかった瞬間があって。
興津さん:可愛いシーンがいっぱいあるんですよね。
熊谷さん:そうなんです。フリートークで興津さんが誘い受って仰ってましたけど、五代さんは本当に可愛らしいところが多くて、そりゃあ真も庇護欲というか、五代さんのために何かしてあげられることはないかって男らしくなれるのもわかりました。
興津さん:二人とも根が優しいんですよね。親の借金を背負わされて可哀想にって思っている五代と、上の者から取り立てられて事務所を潰されそうなのを可哀想に思う真は、お互いに優しさで支え合ってる。
熊谷さん:弱いところに対して手を差し伸べ合っている、金貸しと債務者とは思えない温かな二人でした。
興津さん:一回三万ですけどね。
熊谷さん:そうなんですよね。
興津さん:高いか安いか。
熊谷さん:その人の価値観によって変わるんだろうな。
興津さん:お金でセックス、ダメですからね。借金よりダメですからね。
熊谷さん:愛を持って行為に及んで下さい。
興津さん:これはフィクションの世界の話ですから。
熊谷さん:地に足を着けて生きていきましょう。
興津さん:そう。
熊谷さん:で、たまにこういう作品で肩の力を抜いて楽しんで、明日への活力にして、しっかり三次元を踏みしめていきましょう(笑)
興津さん:正しい二次元の使い方。


五代 実役 駒田 航さん

――愛美、真を演じてみてどうでしたか?

興津さん:演じ甲斐はすごくありました。見た目は厳ついんですけど目はキラキラしていて、借金の取り立てをするんだからドスを利かせにゃかいけないんだろうけど、いざ行為に及ぶと「甘い」「可愛い」って言われてしまうくらい変わるんだなということで、そのギャップを楽しんでもらえたらなと思いながら、ハートを多めに演じました(笑)
熊谷さん:(笑)
興津さん:もちろん台本にもハートがすごくいっぱい書いてありました。

熊谷さん:僕は真自身を原作の漫画や台本から、すごくストレートに感情や喜怒哀楽を題している印象を受けていたので、変に捻らず、聞いた言葉やもらった言葉に対して素直に感情を出していけば、真の生き生きとしたところが出るのかなと思いながらやらせていただきました。そしてがっつくところはしっかりがっつければと(笑)
興津さん:がっつかれた(笑)
熊谷さん:だいぶ激しめに。
興津さん:急にがっつかれた時のリアクションを、いい塩梅で演じなきゃなと思って考えました。
熊谷さん:すみません、急にスイッチが入って(笑)
興津さん:いやいやいやい(笑)。そこがいい。
熊谷さん:急にがっついた瞬間、優位に立っていた五代さんと押されていく真の関係がくるっとひっくりかえるのが好きなので、そこはしっかり出せるようにがっつければなと思っていました。
興津さん:五代は求められたいんですよ。
熊谷さん:好みの人に求めて欲しい。
興津さん:甘やかされるんじゃなくて、求められたい。
熊谷さん:そこに応えられたかなあ……。
興津さん:応えられたと思います。受け取りました、僕は。
熊谷さん:ありがとうございます。
興津さん:幸せな時間でした。
熊谷さん:よかったです。


――好きな香水や匂いはありますか?

熊谷さん:香水をほとんどつけなくて……。
興津さん:僕もつけないですね。でもこの匂いを嗅ぐとあの人を思い出すみたいな匂いってありますよね。
熊谷さん:ダウ〇ーの匂いですかね(笑)
興津さん:柔軟剤ですか。
熊谷さん:ふとした瞬間に実家を思い出します。実家がずっとダウ〇ーを使っていて。
興津さん:どうしてもダウ〇ーって言いたいんだ(笑)
熊谷さん:柔軟剤の匂いは、なんとなく実家というか地元を思い出すような感じがして好きですね。あとはカレーの匂いです。
興津さん:カレーの匂いは最高だよね。お腹空いちゃう。
熊谷さん:ダイレクトに男の子の胃袋を刺激してくる。
興津さん:オリーブオイルでガーリックを炒めた香りも最高ですよね。
熊谷さん:最高ですね。
興津さん:匂いだけでもお腹ペコペコになる。食欲がそそられますよね。
熊谷さん:匂いだけで白米いけてしまいそうな香りですね。
興津さん:でも僕は最近好きな香りを見つけたんですよ。カルダモンの香り。
熊谷さん:カルダモン? スパイスの?
興津さん:スパイスですけど、すごく爽やかな香りで、オシャレ服屋さんみたいな匂いがします。
熊谷さん:なんかエキゾチックというか、今、頭の中がメキシコでいっぱいなんですけど(笑)
興津さん:清涼感のある香りなので気になった方はスパイスコーナーで。蕾みたいになっていて、それを割ると中から黒い粒がいっぱい出てくるんですよ。リラックス効果もあるらしいので、その黒い粒をぜひ嗅いでいただいて。
熊谷さん:いいですね。
興津さん:やみつきになります。チョコレートを食べるよりカルダモンを嗅ごうと思います(笑)
熊谷さん:かなりですね、それは(笑)
興津さん:イライラした時にチョコレートを食べると癒されるっていうじゃないですか。それと同じくらい癒し効果がある。
熊谷さん:そういう意味では、僕は柚の匂いかもしれないですね。入浴剤だったり、目元を温めるアイマスクは柚を選びがちなので。落ち着きたい時とか、コンビニで柚の香りの入浴剤を買ってきて入れてます。
興津さん:柑橘系の中では匂いがちょっと柔らかいですもんね。
熊谷さん:そうですね。
興津さん:柚シャーベットも好きです。
熊谷さん:皮が入っているといいんですよね。

――リスナーさんへのメッセージ

興津さん:とても頑張ったので、満足いただけると思います。ぜひお買い求め下さい。
熊谷さん:五代さんの可愛いところも、真の男らしいところも、色んなキュンキュンできるポイントがあります。お好みのシーンを探しながら、何回も聴いていただければと思いますし、このCDも計画的にお買い求めいただければと思います。
興津さん:お小遣いを溜めてお買い求めいただければと思います。
熊谷さん:借金して買ってはダメです。ということで、楽しんでいただければ幸いでございます。