Interview

インタビュー

ハッピー・オブ・ジ・エンド

柏木千紘役 江口拓也さん ケイト役 立花慎之介さん
「ハッピー・オブ・ジ・エンド」収録写真
左から:柏木千紘役 江口拓也さん、ケイト役 立花慎之介さん
――収録のご感想
江口さん:楽しかったです。漫画を読んでいても「ケイトはヤバイ奴だな」と思っていたんですけど、立花さんが演じるケイトも本当にヤバイ奴でした(笑)
立花さん:(笑)
江口さん:絶対零度で殴ってくるところとか、何を考えているのかわからないところとか、血が通っているのか通っていないのかわからない感じが流石の立花さんで。
立花さん:いやいや(笑)
江口さん:掛け合っていて本当に楽しかったです。
立花さん:すごく物語が面白くて、家で台本を読んでいて物語の中にBLが混ざっているんだなという不思議な空気感やリアルさを感じていました。実際に江口くんと絡んでみたら、江口くんのクズさ加減がサイコーでしたよ(笑)
江口さん:ありがとうございます(笑)。「そういうとこだぞ」「だからだぞ」というのが出せるように意識しました。
立花さん:みんなどうしようもない連中なんだけれど、その中にある友情とか、色んなものが混じり合っている妙なリアルさみたいなものは収録でも感じられたので、すごく楽しかったです。
――演じたキャラクターのご感想
江口さん:千紘くんは危なっかしいですねえ(笑)
立花さん:(笑)
江口さん:よく言えばピュアなんですけど「もうちょっと考えた方がいいよ」という危うさみたいな部分は、どうにかしてあげたくなっちゃいますね。ほっとけない感じ。彼のそういうところに惹かれるものがあるんだと思います。僕もそこをどんな風に出そうかなと思いながら演じていました。
立花さん:ケイトは落ち着き払っているというより、一周回って悟りを啓いているようなクールさと冷たさがあって、最初の頃は若干人っぽくないのに、千紘と出会ってちょっとずつ溶けていくのがケイトの面白さ、良さだと感じていました。千紘と出会ってからも加治と会っている時は変わらないので、千紘が特別なんだなと思うし、そこで愛情みたいなものが生まれたのも、元々はケイトもそういうものを感じられる人間だったと思っていて、そういう意味では一回人間を忘れたけれどまた人間に戻っていく、とても人間臭くて面白いキャラクターです。でもみんな人間臭くて面白いんですけどね、この作品のキャラクター達って。
江口さん:確かに。
――連載中の本作。今後の作品・展開に望むことは?
江口さん:この『ハッピー・オブ・ジ・エンド』はどこか不穏な空気が漂っているじゃないですか。
立花さん:そうね(笑)
江口さん:頼むから幸せでいてくれと思います。
立花さん:(笑)
江口さん:もう静かに幸せに暮らしてくれと思うけど、物語を動かす上では難しいんでしょうね……。
立花さん:ハッピー・オブ・ジ・エンドは訳し方によって色んな解釈ができるからね。
江口さん:やっている仕事が堅気ではないから集まってくる人々も不穏だし、ハッピーエンドがなかなか思い浮かばない。その不安定な中の束の間の幸せにエモさを感じるわけですけれども、できればその幸せが末永く続いて欲しい。
立花さん:難しいのは、作品が続けば続くほど苦しい展開になる。
江口さん:困難が待ち受けている(笑)
立花さん:僕はこういう物語ならアニメ化して欲しいですね。
江口さん:いいですね。
立花さん:エッチシーンに頼っていないから、そこを抜いても物語としてちゃんと成立するんですよ。だからアニメ化しても朝チュンにすれば大丈夫!
江口さん:(笑)
立花さん:それでもこの物語の面白さはしっかり残るので。その代わり鬱展開が続く(笑)
江口さん:(笑)
立花さん:「#ハッピーオブジエンドしんどい」ってハッシュタグができると思います。僕もこの物語が好きなので、色んな展開がされることを期待しています。
――発売を待っている方へのメッセージ
江口さん:原作を読ませていただいた時、まず先生のお名前に衝撃を受けました。
立花さん:そうだよね……。
江口さん:「この先生はどういう作風なのかな?」と思いますよね。
立花さん:思うよ。「はっ?」って思ったね。
江口さん:中身は重厚なドラマで、その原作の雰囲気を声でも表現できればと思っていたし、立花さんと掛け合うことによって何かが作れたと思っております。台本には書かれていないけれど、原作ではこうなっているからこうしようかなというのを結構散りばめたつもりです。原作を読みながら聴くと、そういうところを探す楽しみ方もしていただけるんじゃないかと思います。ぜひ楽しんでください。
立花さん:あまり多くを語らないのがこの作品のドラマCDなのかなと思うところはあるので、行間を楽しんでもらったり、ちょっと黙り込んでいる部分とか想像に任せている部分とかも楽しんでいただけると嬉しいなと思っています。出てくるキャラクターがとても人間臭くて、みんなそんなに強調したお芝居もしていないので、より身近というかリアルというか、この人達の普段の会話なんだな、みたいな雰囲気を楽しんでいただきたいです。そして皆さんに応援していただければこの続きが。
江口さん:やりたい!
立花さん:頼むからここで終わらないでくれ、少なくとももう1本やらせてくれと。今だと最後にビールかけて終わってるんで。
江口さん:この先に幸せな部分がもっとありますからね。
立花さん:僕らも演じたいし、もうちょっと先へ進みたいので、ぜひ応援の程、よろしくお願い致します。
ep.05以降を収録したドラマCD第2弾、2022年リリース決定!
「ハッピー・オブ・ジ・エンド」ジャケット
  • ハッピー・オブ・ジ・エンド
  • 2021.10.29 release
  • CRWS-0068 / ¥3,000(税込¥3,300)
    • おげれつたなか
    • 江口拓也 立花慎之介 松田健一郎 斉藤壮馬