『ドラッグレス・セックス』キャストインタビュー

第1弾「杉野と桧木」
第2弾「辰見と戌井」
第3弾「無良と薬師寺」


左から 無良役 高橋広樹さん、薬師寺役 武内 健さん

3. 武内 健さん(薬師寺役)高橋広樹さん(無良役)

――収録のご感想

高橋さん:武内くんと二人きりで絡むのは初めてでございました。
武内さん:そうでしたっけ?
高橋さん:そうです。なのでとても新鮮な気持ちで挑ませていただきました。キャラクター達も作中で「初めて」のカラミだったので、そういう意味では上手くシンクロできたんじゃないかと思います。

武内さん:考えてみれば初めてでしたが、あまり初めてという感じもなく、楽しく収録できました。エンゾウ先生に訊きたいんですが、登場人物が「杉野と桧木」で杉と桧、「辰見と戌井」で辰と戌で、「無良と薬師寺」は無良ってなんですか?
――エンゾウ先生:漢字で書くと薬・無でドラッグ・レスということになります。
武内さん:なるほど。
――エンゾウ先生:無と薬を使った名字にしようと思って付けたんですけど、後になってもう少しわかりやすく星座とかにすればよかったとかちょっと思いました。
武内さん:薬師寺の対になるもので「無良」? とずっと考えながら収録していたので、今とてもすっきりしました。

――演じたキャラクターのご感想

高橋さん:マッドサイエンティストという設定によくある俺様ではあるのですが、日本中に蔓延したアレルギーのせいで、ちょっと狂犬病のワンちゃんのようになってしまう、可愛らしい姿も見られるキャラクターでした。オラオラ系の人は久しぶりだったので、楽しくやらせていただきました。またそれと同時に、ひとつの作品の中でデレデレになってしまうという姿もでてきたので、たいへん食べ応えがありました。
武内さん:(笑)

武内さん:ひとつの作品で両面をやるというのもあまりないことで、すごく楽しませていただきました。薬師寺も無良もそうなんですが、頭のいい……薬を開発しているくらいだからすごく頭のいい人のはずなのに、意外とボケというか天然な面もあって、ギャップが魅力的なのかなと思います。

――リスナーさんへのメッセージ

高橋さん:お薬は使用上の注意をよく読み。……。……?
武内さん:用法・容量。
高橋さん:用法・容量を守ってご使用下さい。並びに本CDも、用法・容量を守って正しくお聴き下さいね。
武内さん:くれぐれも貞操にはお気をつけ下さい(笑)



後列左から 濱 健人さん、岩中睦樹さん
前列左から 辰見役 古川 慎さん、戌井役 江口拓也さん

2. 古川慎さん(辰見役)江口拓也さん(戌井役)

――収録のご感想

古川さん:本当に楽しい収録でした。男女問わず惹きつけるフェロモン症という新しい要素があって、そこから始まるひとつの恋のお話で、演じていて自分もその世界にいるような感覚になりました。僕自身は男性を好きになった経験はないのですが、辰見くんを演じていくうちに、辰見くんと近い心情にはなれているのかもしれないなと思いました。江口さんのことを……とか、そういうわけじゃないんですけど(笑)
江口さん:なんか若干雲行きが怪しくなってきた(笑)。そういう目で見てたの?
古川さん:そういうことじゃないです(笑)。辰見くんの満たされた感が共有できたんじゃないかなということです!

江口さん:僕も楽しかったですね。辰見くんというキャラクターがどんどん陥落していくのが、もう打てば響くという感じで、やっていてすごく楽しくて(笑)。でも最後は幸せになってよかったです。


――演じたキャラクターのご感想

古川さん:ギャンギャン喘ぎました(笑)
江口さん:ドラッグレス・セックスですからね(笑)
古川さん:辰見くんはツンデレなんですよ。イヤイヤって言っているけど、最終的にはその人のことを好きになってしまう。ツンデレなんだけど、相手のことを純粋に好きになることができたところは、辰見くんもすごく成長したなと思います。女性相手にブイブイ言わせていた頃の辰見くんを演じるのも楽しかったんですけど(笑)
江口さん:(笑)
古川さん:僕は真人間になってくれた方が嬉しいなと思っていたので、戌井くんと末永くイチャイチャできるように祈っておきます。

江口さん:戌井くんは最初から一本筋が通っていて、自分の意志を曲げないのがすごいなと思いました。最後まで真っ直ぐだったから、このままブレずに進んでいけるから大丈夫なんだろうな、辰見くんと一緒に幸せになれるんだろうな、と、ドラマCDの先の姿が鮮明に思い浮かんだので、このキャラクターを演じることができて気持ちよかったです。

――リスナーさんへのメッセージ

古川さん:本当にイチャラブしているなというのが僕の感想です。原作を好きな方にももちろん聴いていただきたいですし、イチャラブしている人達を見ているのが好きな方にもオススメできるドラマCDになっているんじゃないかと思っております。僕も本当に全力でやらせていただきまして、声が掠れるシーンでは、実際に声が掠れ始めていました。2019年の古川、一球入魂な作品になっておりますので、ぜひ聴いて下さい。

江口さん:漫画と台本を2018年末に受け取って、そこから読ませていただいたので、年末年始はこの作品と共に過ごしていました。収録のだいぶ前から読んでいたというのがあったからか、より深く原作の空気感みたいなものを感じながら演じられたんじゃないかと思っております。最初にタイトルを見た時は、『ドラッグレス・セックス』なんてどんな物騒な話なんだろうと思ったんですけれども、蓋を開けてみたら、激しいところは激しいけれどすごくほんわかで、最終的にはほっこりするような作品でした。その中でも僕は「人の好意が見えるから、言葉なんて必要ねーのかもしんねー。でも、俺はちゃんと好きって言いてーよ」のセリフが好きです。フェロモン症というものがあって、好きという気持ちが具現化されてわかってしまうけれども、それでも言葉にすることが大切というところが響きました。我々の職業は、あえて言葉にして、言葉で伝えてというのがあるから、そこを大切にすることにすごく共感します。素敵な作品に関わることができて嬉しかったので、ぜひぜひ皆さんにも楽しんで聴いていただければなと思います。



後列左から 天海由梨奈さん、陣谷 遥さん、馬場惇平さん、若林 佑さん
中列左から 青山玲菜さん、三上由理恵さん、古賀 葵さん、新田早規さん
前列左から 杉野康一役 駒田 航さん、桧木 透役 伊東健人さん、

1. 伊東健人さん(桧木透役)駒田航さん(杉野康一役)

――収録のご感想

伊東さん:今日の収録は本当にあっという間でした。いつものBLと違って短編だから、気持ちの持って行き方もコンパクトにしなきゃと思って収録に臨みました。個人的には眼鏡をかけていて、ちょっと冷徹な受けキャラというのを始めてやらせていただいたので、貴重で楽しい経験になったなと思っております。

駒田さん:杉野のフランクに誰とでも接しそうな人柄に共感できる部分があって、すんなり受け入れられるキャラクターでした。社会人同士のやり取りは、特に職業が違ったりすると、どうしてもビジネスライクになりがちなのが、お話の流れがすごく濃密に、コンパクトにまとまっているので、ちょっとしたきっかけで気持ちや行動がスピーディーに変わって行くのが楽しかったです。


――演じたキャラクターのご感想

伊東さん:僕が演じた桧木透の杉野康一に対する思いは、物語がスタートした時点からかなり惹かれていて、心の芯が最初から明確に決まっている状態だったので、わかりやすかったです。彼の中では心の揺れ動きがない。外に出す感情はけっこう移り変わっていくんですけど、心の中ではフェロモン症に関係なく杉野に惹かれている自分を薄々わかっていたと思うんです。その辺りの杉野に対する好きという気持ちを大事にしようと思ってやらせていただきました。でも杉野に関しては「チャラっ!」と思いました(笑)
駒田さん:ねえ(笑)
伊東さん:駒田くん本人の明るさを知っているから、こう来るんだろうなっていうイメージもあって、実際に杉野からもいいチャラさ、明るさを感じられて楽しかったです。
駒田さん:チャラい杉野……。
伊東さん:誉め言葉だからね(笑)
駒田さん:(笑)
伊東さん:いいことなんだよ。
駒田さん:ありがとうございます。
伊東さん:人当たりの良さとか、そういう面もあるし。
駒田さん:積極性とかね。こういう作品は誰が攻める、誰が受けるとわかっているし、杉野は明確にアタック精神が見えているから、独特な世界観の中でも最初からわかりやすかったです。内面的な好きだという感情と、外的要因のフェロモン症という自分ではどうにもならないものが相まって、感情のゲージの振れ幅が本来より大きくなっているのかと思うと、桧木の感情の動きに触発されて杉野が動いていくのも、自然な流れなのかなって。桧木はインテリでいかにも堅物なのにめちゃくちゃになっちゃうのを見ていると、「杉野よくやった」「お前にしかできなかったんじゃないか」と、ある種の達成感を杉野を通して得られて、すごく楽しかったです。
伊東さん:(笑)
駒田さん:作品の展開はスピーディーでも、キャラクターの一挙手一投足がわかりやすく掘り下げられていて、素晴らしかったなと思いました。

――リスナーさんへのメッセージ

伊東さん:この度『ドラッグレス・セックス』に出演することになり、とても光栄な思いでやらせていただきました。堅物なのに意外と感情の移り変わりがあって、表情がコロコロ変わる桧木透を楽しみつつ、杉野の明るさも楽しんでもらいつつ、一見交わらなさそうなこのふたりがどんな関係を築いていくのかもポイントなので、この絡みをぜひ楽しみにしていただきたいと思います。僕は最初、オムニバス形式と聞かない状態でデータをもらって一番上から読んでいったから、辰見をやるんだと思ってたんですよ。
駒田さん:僕も思ってました。
伊東さん:そうしたら実は全然違って(笑)。「杉野と桧木」以外にも愉快なキャラクターがたくさんいて、各キャラクターごとに違う魅力を描いていけるのがすごいなと、原作から楽しませてもらった作品でした。ドラマCDにもその魅力が詰まっていると思うので、楽しみにしていて下さい。

駒田さん:杉野には最初から主導権を握っている自覚と、客観的な判断があって、桧木よりも感情の揺れ動きが少ない方だったんですけれども、そんな中で、どこで、何の言葉に動かされたのかというところを、CDを聴いて一緒に感じてもらいたいです。原作の絵の繊細な表現はもちろん、コンパクトな作品だからこそ言葉のラリーの一言一言に大事なキーワードが詰まっていると思ったので、その辺りのふたりのやりとりも一生懸命表現しました。周囲には個性的なキャラも多くて、薬剤師さんが掘り下げた質問をしてきたりとか(笑)
伊東さん:ねえ(笑)。これだけ女性が生き生きとしているBLCDの収録現場は、あまりなかったかと。
駒田さん:そうなんですよ。
伊東さん:女性多っ! って思ってね(笑)
駒田さん:確かに。ちょっと「ぷぷっ」となってしまうシーンもあって、終始飽きさせない展開になっていますので、発売を楽しみに待っていただけたらなと思います。よろしくお願いします。