Interview

インタビュー

みだらな猫は甘く啼く

三池悠一(ミケちゃん)役 斉藤壮馬さん 天野 陸役 中島ヨシキさん
「みだらな猫は甘く啼く」収録写真1
左から:天野 陸役 中島ヨシキさん、三池悠一(ミケちゃん)役 斉藤壮馬さん
――収録のご感想
斉藤さん:かなりボリュームのある収録でした。原作を忠実に丁寧に再現した音声化で、感情の流れも丹念に追っていけたんじゃないかと思いつつ、僕は佐久間くんがどう仕上がっているのかがすごく楽しみです。天野とミケちゃんのやりとりは、最終的に収まるところに収まって、とても素敵だなと思いました。
中島さん:ミケちゃんと付き合い出したし、丸くなった部分もあるのかなと思って、最初はフラットな部分を作ろうとしてたんですけど、どうしてもダウナー寄りな部分があったり、まだまだミケちゃんより若い感性があったり、死ぬほどデリカシーがなかったりで、クズを魅力に昇華する塩梅がすごく難しくて(笑)
斉藤さん:確かに。
中島さん:ただのクズにしてしまうより、要素としてのクズを差し込んでいこうと思ったら、ベースがクズ(笑)
斉藤さん:序盤からね(笑)
中島さん:ここは酷いなと思う部分が僕の中にもあったんですけど、ディレクションでも例えばミケちゃんと喋っている時に「そんなに優しくないです」とか、佐久間くんと喋ってる時も「そこまで乗り気じゃないです」みたいなのがあって、そことミケちゃんに「可愛い!」と前のめりになっている時のバランスを取るのが、なんか久しぶりに天野に会ったなという感覚でした。
斉藤さん:自分の世界の登場人物が少ない人だよね。クズっていうより、だらしない感じなのかね。
中島さん:そうね。人の機微とか感情とかに疎いし、結構自分の感情優先だし。
斉藤さん:結果としてクズになってるけど、彼的には普通に生きているだけだもんね。
中島さん:そうです。
斉藤さん「元カノがいた家だから嫌なのかな? でも言うほどか?」って、それはあなたが決めることじゃないんですよ、みたいな(笑)
中島さん:みたいなところがある。聴いた方々に愛される部分があったらいいなと思っています。
――好きなシーン or 天野がクズだなと思うシーンは?
斉藤さん:ミケちゃん視点で見ると、序盤で天野の家に行きづらいとミケちゃんが感じていることもわからないのは……。
中島さん:(笑)
斉藤さん:元カノと今を繋げるもの、下着であったりエログッズであったりがそのままで、あまつさえグッズを装着させようとするあの所業は本当に……。
中島さん:「うわ、ごめん!」とかなるんだったら、まだ良かったんだけどね。
斉藤さん:うん。しかも自分は「うわ、何つーもん買ってんだ」みたいに元カノにひいてて、僕は「お前正気か?」と思いました。
中島さん:こういうタイプが友達にいたら、ちゃんと説教しますけどね(笑)
斉藤さん:でもモテているのもわからないでもない。こういうタイプ、好きな人は好きだもんね。
中島さん:汐里ちゃんもそういう人だったからね。類友みたいなところがある。
斉藤さん:水族館で会ったカップル……? カップルなのか? 我々はカップルではない説を唱えているんですけど。
中島さん:僕らはパパ活だと思っている(笑)
斉藤さん:あの女の子も天野をカッコイイと言ってたんで。
中島さん:そういう子にはモテるのかもしれない。
中島さん:好きなシーンだと、そのカップルが、カップルなら服が濡れていたらちょっとここで休んでいこうよとなるはずが、「服乾かしてこっか♥」になるかなと思って……。
斉藤さん:我々はピンときましたよ(笑)
中島さん:「ペロ」「これは!」だよ(笑)
斉藤さん:名推理ですよ、これは。
中島さん:カップルが「服乾かしてこっか♥」になる?
斉藤さん:あんまり……。
中島さん「あのペンギン私たちみたい」とかキャピキャピしてて、すごくクセの強いカップルがいたなっていう。
斉藤さん:付き合って2日目でもなかなかないんじゃないかな。
中島さん:(笑)
斉藤さん:しかもいい意味で言ってるんだよね?
中島さん:いい意味ですよ(笑)
斉藤さん:ヨチヨチくっついてるみたいなことだよね?
中島さん:仲睦まじく歩いてる感じ。あのシーンは好きでしたね。
斉藤さん:あとは天野が佐久間に「ミケちゃんの方が~もっとかわいいけど」と言うところはキュンとしましたね。不覚にも。甚だ不本意ですけど(笑)
中島さん:不本意(笑)。人に言うもんじゃないけどね。
斉藤さん:でも佐久間には響きそうな気はするけどね。その後、彼は豹変してましたからね。
中島さん:佐久間くんは自分に自信もありそうな感じでしたしね。
斉藤さん:彼はちょっとヤバイと思うよ。なんか心配になる。
中島さん:(笑)
斉藤さん:認知が歪んでいる気がする。だってお兄ちゃんは海外にいるだけだからね。
中島さん:でもミケちゃんに兄を取られたと思ってるから。
斉藤さん:そこなんですよ(笑)。バイアスがかかってる(笑)
中島さん:(笑)
「みだらな猫は甘く啼く」収録写真2
左から:佐久間彰人役 山下誠一郎さん、田中大樹役 安田陸矢さん
――よく逃げ出すミケちゃん。ご自身が気まずいな、逃げ出したいなと思った時、どんな行動に出ますか?
中島さん:切り抜けようとはしますね。例えば「久しぶり~」みたいに声をかけてきてくれたスタッフさんのことを丸っきり覚えてない時とか。
斉藤さん:仕事関係じゃなくて、実は数年前に飲み会で会ったことが、みたいなのもあるしね。そういう時どうするの?
中島さん:手がかりを引き出す。
斉藤さん:そうだよね。もし第三者がいたら、その会話で名前呼んでくれないかなって感じになるよね。
中島さん:「最後にお会いしたのいつでしたっけ?」とか(笑)
斉藤さん:徐々に狭めていくよね。
斉藤さん:僕は……何もしないかもしれないな。
中島さん:何か手は打つ?
斉藤さん:心理的にひとりになりたいタイプっていうか……。誰かに相談して心が軽くなるタイプの人いるじゃん?
中島さん:うん。
斉藤さん:それ、絶対ならないんだよね。あ、でもヨシキに相談したわ。
中島さん:(笑)
斉藤さん:逃げ出したい時は、ヨシキと寿司を食べに行く。
中島さん:僕はなんかあると、すぐ壮馬に連絡しますよ。
斉藤さん:確かに。
――発売を待っている方へのメッセージ
斉藤さん:前作も声優としてはすごくやりがいのある作品とキャラクターだったので、それが皆さんにご好評いただいて、またCDに関わることができて嬉しく思っています。今作はインパクトの強いキャラクターが出てきたり、イチャイチャシーンが大ボリュームで収録されていて、ストーリーとイチャイチャシーンのどちらも楽しんでいただけるんじゃないかと思います。ぜひ原作と併せて繰り返し楽しんでください。
中島さん:前作でよくわからない関係から始まって、それから付き合ってと順番が前後したカップルが、今作では牛歩で自分達の価値観の違いやギャップを埋めていったりしていて、混じり合わなさそうな二人がいい関係を築くための1作になっていると思います。前作を魅力的だと感じていただけた方には、より二人のことを知れるCDになっていると思うので、ぜひ前作と併せて聴いていただいて、前作を知らない方は『みだらな猫は爪を隠す』も聴いていただきつつ、今作もよろしくお願いします。
  • シリーズ作品インタビュー
  • みだらな猫は爪を隠す
  • 「みだらな猫は甘く啼く」ジャケット
    • みだらな猫は甘く啼く
    • 2021.04.30 release
    • CRWS-0065 / ¥4,180(税抜¥3,800)
      • 嶋二
      • 斉藤壮馬 中島ヨシキ