Interview

インタビュー

シュガードラッグ

出水春明役 小林千晃さん 天木 寿役 寺島拓篤さん
「シュガードラッグ」収録写真1
左から:天木 寿役 寺島拓篤さん、出水春明役 小林千晃さん
――収録のご感想
寺島さん:BLでメインをやらせていただくと、いっぱい掛け合いがあってたくさんのお芝居ができるので、今回も楽しかったですね。天木さんはなんと言うか独特で、感情の抑揚だったり、他人への興味の示し方、熱量の出し方が繊細だし、自分のルールが明確なので、それを感じ取りながら喋り続けるのはなかなか難しくて、すごく面白かったです。
小林さん:出水も研究者という職業柄もあると思うんですけれど、最初のディレクションで僕的にはそんなに元気にやっていないつもりなのに「体育会系に聞こえる」と言われて、そこで繊細な子なんだろうなと思いました。体育会系ほど元気ではなくても、アグレッシブなところがありますし、涙もろかったりすぐに感情が顔に出ちゃう表情豊かなところもあって、そのバランスが難しくもあり、すごくやりがいもありで楽しい作品でした。
――相手キャラ・役者の印象は?
小林さん:天木さんは最初のディレクションで「暗すぎる」「ちょっと人見知りだけど、もう少し普通に人と接して欲しい」みたいなのがあったのですが、寺島さんはお芝居の順序として、最初は借りてきた猫じゃないですけどあえて不思議な掴みどころのない感じで静かにやって、時を経ると共にハルとも仲良くなって感情も出てくるという方向のお芝居をされたいと仰って。その寺島さんのお芝居で、原作の漫画、シナリオを読んでいるだけではまだ見えていなかった天木さんの魅力が見えた気がして、ここから寺島さんの天木さんがどう変わっていくのか、最後まで楽しみでしたね。
寺島さん:やった♪ 自分のお芝居で天木さんに興味を持ってもらえたのは嬉しいですね。ハルくんは本当にマイペースな人ですね。
小林さん:(笑)
寺島さん:今までも特区に来てからも、振り回されたり翻弄されたりで、ちょっと人が変わっちゃいそうな環境なのに、意外とブレずに自分を持っているから、なんてタフな人なんだろうと僕は思いました。たぶん最初にディレクションされた「体育会系になりすぎない」が、なんとも言えない柔らかい空気感とか、乱高下しない感じの彼の柔軟さに繋がっているのかと思いながら、小林くんのお芝居を聴いていました。
小林さん:精神的にタフですよね。
寺島さん:タフだね~。
小林さん:ちょっと文化系っぽいのに。
寺島さん:玉森さんも言っていたけど、そこら辺にハルくんの「特区向き」というのがちゃんとあって、それを小林くんが、結構繊細なものを求められる中でもセリフの行きどろこを失わずにお芝居しようとしているのがとても印象的でした。
小林さん:ありがとうございます。
「シュガードラッグ」収録写真2
綿谷秀次役 住谷哲栄さん
――個性豊かなキャラクターが多い本作。オススメのキャラクターは?
寺島さん:(吉野さんと)ご一緒できなかったのが残念ですけど、玉森ですよね。どんな感じになるのか気になります。
小林さん:めちゃくちゃ聴きたいですよね、吉野さんの玉森。
寺島さん:聴きたい。
小林さん:陽介もまだ声を聴けていないんですが、元彼ポジションはだいたいちょっと嫌なキャラだったり、トラウマを出してくるような嫌なトリガーとなりやすい存在としてBL作品に登場することが多いのに、陽介は普通にいい奴でした。「ハル、お前はすごくいい人を選んで付き合っていたんだね」って。確かに執着心が大きいのはあれですけど、相手に好きな人がいて、自分にはもう恋心がないとわかっていても色々協力してくれて、いい奴だなって思いました。
寺島さん:いいように使われて可哀想(笑)
小林さん:しかも酷い目に遭わされて、それっきり出てこないし。
寺島さん:そうなんだよね。どうなったんだろうね。気になるよね。
小林さん:アフターストーリーとかがあったら、玉森主席と何か……。
寺島さん:ありそうだよね。
――玉森と金指のスピンオフの予定があります。※1
小林さん:へ~。
寺島さん:なるほど。余った綿谷というのがいるんですけど(笑)
――綿谷は今のところ……。
寺島さん:(笑)
小林さん:なるほど。まあ確かに。
寺島さん:面白い人材なのに(笑)。でも恋愛事情に絡まないキャラクターがいるのも大事ですよね。

※1 2021年11月1日(月)配信解禁予定の「麗人uno! Vol.121」から連載開始
――最近のお気に入りスイーツは?
小林さん:さっきフルーツの話をしていて思い出したんですが、最近フルーツサンドにハマっています。めちゃくちゃ美味しいなって。お店が増えましたよね。
寺島さん:いっぱいあるね。色んなところに美味しいのが。
小林さん:代官山にも。※2
寺島さん:流行ってるよね。僕は最近のブームはシュークリームですね。つい食べたくなってしまう。
小林さん:わかります。
寺島さん:ですよね。危険なんですよ、どこにでも絶対あるので。
小林さん:スーパー行こうがコンビニ行こうがありますからね。
寺島さん:お菓子屋さんでもパティスリーでもどこにでもある。危険ですね。誘惑してくる。
小林さん:脂質がめちゃくちゃ高い。
寺島さん:(笑)
小林さん:脂質が高いものは美味い。
寺島さん:美味い。

※2 『シュガードラッグ』の収録スタジオは代官山でした
――発売を待っている方へのメッセージ
寺島さん:とても楽しい内容です。何を言っているんだろう……(笑)
小林さん:間違いないです(笑)
寺島さん:原作を読ませていただいて「めっちゃ面白いじゃん!」と胸がワクワクした作品でした。表紙から受けるピンクで甘々な印象とはちょっと違う、甘いものも摂り過ぎると毒だよ、みたいな甘さの裏側にある刺激的な部分も含んでいる作品なので、それを音声で我々が表現できているかというのは皆さんに聴いていただいて、ご確認いただければと思います。なんにせよ僕達はとてもいい恋愛ができたなと思っているので、それを楽しんでいただければ嬉しいです。
小林さん:この漫画の中だと、そういう行為のシーンに入る直前になるとスイーツの世界、生クリームだったりイチゴだったりケーキだったりというのがバーっと広がるので、読んでいてすごく新鮮な表現だなと思いました。
寺島さん:視覚的だよね。
小林さん:こういう表現方法はこれまで読んだことがなくて、僕はスイーツ男子というわけじゃないですけれど、そこにすごく惹かれました。でもCDは視覚がない、寺島さんが仰っていたように音声だけなので、スイーツ感ある甘々なふたりをどこまで僕らが表現し切れていたのかというのが気になるところです。ぜひ皆さんの聴覚で確かめていただいて、甘々に思っていただけたらすごく嬉しいです。
「シュガードラッグ」ジャケット
  • シュガードラッグ
  • 2021.11.26 release
  • CRWS-0069 / ¥4,500(税込¥4,950)
    • 頼長
    • 小林千晃 寺島拓篤 住谷哲栄 吉野裕行 小松昌平