Interview

インタビュー

ハッピークソライフ2

粕谷京太郎役 中島ヨシキさん 葛谷善行役 増田俊樹さん
左から:葛谷善行役 増田俊樹さん、粕谷京太郎役 中島ヨシキさん
――収録のご感想
中島さん:第2弾の収録を楽しみにしていました。第1弾の時にもお話しさせていただいたんですけど、すごく頭を空っぽにしてきている部分もあるし、めちゃくちゃ原作を読んできてもいるし、どうやって演じるのか試されている部分もありつつ、増田さんがどんな風に演じるのかなというワクワクもあり。今回キャラクターが増えていたので、出来上がりが楽しみです。いつもすごく楽しく演じさせていただいています。
増田さん:楽しかったです。僕もヨシキさんと同じで、色々な粕谷が面白かったり。このふたりの中のテンポ感と、物語を動かしてくれる周りのキャラクター達のテンポ感が僕の中ではちょっと違っていて、ふたりきりのシーンになると「あ~、ハッピークソライフだ~」と思います。このテンポ感でやるのが心地いいというのがあるのは、僕らのお芝居も固まってきて、ちゃんと色が作られているんだなという感覚です。収録しながら、なんか帰ってきたな、というのも感じました。レオくんとか、僕らふたりの楽しいテンションとはまた違った中で生きている人達がたくさんいて、その人達が要所要所でぶっこまれていく、しかもふざけずに真面目に接しているのに僕らとはズレているから面白いというのが、『ハッピークソライフ』の妙で面白いところです。一緒に収録していて楽しかったし、面白かったし、辛かったですね(笑)
中島さん:笑いを堪えるのが(笑)
増田さん:笑い疲れちゃうので(笑)
中島さん:常にこっちがツッコミ入れてますもんね。
増田さん:「なんでやねん」「おかしいやろ」って。
中島さん:そうそう。
――CD第2弾決定の話を聞いた時に、どう思いましたか?
増田さん:1が楽しかったので嬉しかったですよ。
中島さん:嬉しかった。
増田さん:BL作品は男性同士の情緒的な部分を描いていて、周りとの葛藤だったり、ふたりで生きていくということがテーマだったりする作品が多い中で、未だにくっついておらずふたりのバカ騒ぎが延々と続くから、収録に向かう足取りもなんかこう、ガキんちょというか(笑)
中島さん:遠足に向かう感じの(笑)
増田さん:そうそう(笑)。ち〇ことかう〇こで笑っちゃうようなIQになるというか(笑)
中島さん:ほんとに(笑)
増田さん:というのがあるので、2が決まった時に、また楽しい収録ができるなと思いました。
中島さん:僕は「やります!」となった後に、香盤表を見るのが楽しみです。
増田さん:新キャラがどうなるのか。
中島さん:予想の斜め上すぎて(笑)。弊社の層の厚みを感じましたね。
増田さん:豪華メンバーだよね。
中島さん:このままアニメになってくれないかなと思ってますけど。
増田さん:大丈夫かな(笑)
中島さん:地上波は無理です(笑)
増田さん:え!?
中島さん:無理。
増田さん:地上波だとこのキャスティングでは無理なの?
中島さん:違う違う。地上波だと下品すぎて流せない(笑)
増田さん:いやいやいや! 大丈夫でしょ!
中島さん:ほんとに?
――はらだ先生:松茸とかで隠せば。
中島さん:(笑)
増田さん:原作そのままというのはあれだけど、表現を変えれば……。
中島さん:キャストはぜひこのままでお願いしたいですね。
増田さん:今だからこそ、深夜枠でやって欲しいです。
中島さん:明るい気持ちになれますから、やって欲しいですね。ギャグアニメとして。
増田さん:5分。
――はらだ先生:5分……。
増田さん:5分か15分。30分は……。
中島さん:(笑)
増田さん:やりすぎちゃうと見てくれなくなっちゃうから、8割くらいで留めておかないと。今週も面白かったな~、来週も楽しみだな~くらいじゃないと。
中島さん:俺は一体何を見せられているんだ……って。
増田さん:それくらいで放心状態になるのがいい。15分以上あると……。
――はらだ先生:Bパートは副音声にしてもらえれば。
増田さん:ひどい。それはどこかのピピックですよ。そうなるとキャスト変わっちゃうんですよ。
中島さん:粕谷と葛谷(のキャスト)が毎回変わるっていう。
増田さん:それはおいしくないから、やめていただけると(笑)
中島さん:僕らにやらせてください(笑)
増田さん:でもこのテンション感でアニメ化、いいと思います。
中島さん:強いキャスティングの中でやらせてもらえるのが嬉しいし、ありがたいなと思います。
――第2弾で演じるのを楽しみにしていたシーンやセリフは?
中島さん:やってみて面白くなったのが、増田さんがフリートークで言ってくれた「氷刻苦」。漫画だと字体で表現されているのを、音で表現するとこういう風になるんだな、表現できるんだなって気づきが。
増田さん:僕もあの話は、バカやってるな、面白いなとすごく好きな話ではあったけど、(収録で)ああいう風に転がるとは思わなかった。
中島さん:予期しない方向に。
増田さん:僕は「シチュエーション」が好きですね。第2弾は全体を通してオムニバスなんだけれど、その中でスプリットをずっとやっていく息継ぎがない感じが『ハッピークソライフ』のテンションだと気持ちいい部分だったりするので。休憩なんかいらなくて、わーっと一気にやっていくのが楽しくて。特にダンジョンが僕は好きです。
中島さん:テンポ良かったですよね。
増田さん:あれは発想の勝利だなって思います。
中島さん:あんなに勇ましくオークに立ち向かっていく人いないですからね。
増田さん:有名な「くっころ」もオークも、まさかの方向に。
中島さん:オーク泣いてましたからね。
増田さん:情けない! 「でっかい体して麻の服着て、角生やして牙生やして、でっかい棍棒持ってんだろ」って思うのに、それが「おおぅ……」って泣く。
中島さん:面白い(笑)
増田さん:面白いですし、僕はそこを楽しみにしていました。
――発売を待っている方へのメッセージ
中島さん:第2弾を待っていた方にはこれほど待ち焦がれたCDはないんじゃないかと思います。第1弾より更にパワーアップしてカスクズが戻ってきました。もう収録を終えた僕らからすると、早くも第3弾が楽しみだなというところに行き始めていますので、皆さんも3を楽しみにしていただく為にはまず2を聴いていただいて、楽しんでいただければと思います。
増田さん:第2弾も第1弾に負けず劣らず楽しく収録させていただいたので、皆さんにもご満足いただける1枚になっていると思います。原作の表情や絵を踏襲しながらやっていますので、ドラマCDは聴いたことがあるけれど原作を読んだことがないという方は、原作と合わせてCDを聴くとより楽しくなる作品だと思います。ぜひ第2弾も買ってください。よろしくお願いします。ドラマCD第3弾でお会いしましょう!
  • ハッピークソライフ2
  • 2021.03.26 release
  • CRWS-0063 / ¥4,500+tax
    • はらだ
    • 中島ヨシキ 増田俊樹 こおろぎさとみ 上田麗奈 金田朋子 利根健太朗