『ギヴン-given-3』キャストインタビュー
※一部ネタバレが含まれています

斉藤壮馬さん(佐藤真冬役)古川 慎さん(上ノ山立夏役)
内匠靖明さん(中山春樹役)日野 聡さん(梶 秋彦役)


後列左から 大学生役 本橋大輔さん、板谷翔吾役 榎木淳弥さん、上ノ山父役 土居伸之さん、八木玄純/矢岳光司役 濱野大輝さん、鹿島 柊役 増田俊樹さん
中列左から 和果役 大地 葉さん、笠井役 本多真梨子さん、上ノ山弥生役 矢作紗友里さん、柊(子供時代)役 大井麻利衣さん
前列左から 梶 秋彦役 日野 聡さん、佐藤真冬役 斉藤壮馬さん、上ノ山立夏役 古川 慎さん、中山春樹役 内匠靖明さん


――収録のご感想をお願いします。

斉藤さん:同じコンテンツを継続して第3巻までやらせていただけることはなかなかなくて。もう2年ぐらい経ちますか?
古川さん内匠さん:そうですね。
日野さん:1年に1本録っているような感じがする。
斉藤さん:今回は今まで意図的に見ないようにしてきた部分がだんだん無視できなくなってきて、物語がとても動いてくる回でした。真冬は2巻で一つ乗り越えた感があったのかなと思うんですが、他の三人は三者三様のドラマがあって、それをみんなで掛け合いで収録できるのが嬉しくて楽しく収録させていただきました。

古川さん:2巻では立夏と真冬の恋模様に一応の決着がついて、ある程度まとまりかけたところで終わりました。今回の3巻で返事がもらえたか否かが初めて描かれたのですが、無事にいい感じの返事をもらえて、立夏としてはとてもハッピーな気持ちだったのではないかと思いながら収録に臨ませていただきました。1、2巻とは違った立夏の表情や表現は僕自身も演じていて楽しめましたし、これまでにないくらいぶっ飛んだコメディ色の強い立夏だったのではないかと思います。その辺りも聴いて下さると嬉しいです。

内匠さん:どーも主役の春樹です(笑)。っていうくらい今日は僕が一番喋ったんじゃないかなって思っております(笑)
古川さん:そうですね(笑)
内匠さん:この4人でバンドを組んで、名前が「ギヴン」に決まって、リーダーとしてはようやくスタートしたのかなと思える回でした。バンドが動き始めて、真冬と立夏の恋模様も動き始めて、それに比べて春樹は……というところが演じていても切なかったりするんですが、バンドも恋も、これからどういう展開が待ち受けているのかすごく楽しみにもなりました。春樹はツッコミではあるものの、タケちゃん含め周りに振り回されてちょっと軸がぶれちゃったりするところが可愛かったりして、そういう面も丁寧に今後も演じていきたいので、ぜひ皆さん応援していただけると嬉しいです。

日野さん:3巻目のドラマCDということで、これだけ長期に渡ってこのメンバーと一緒にこの作品に関われたのが嬉しいです。そして第3巻は今までより各個人の深いところにスポットを当てて描かれ始めているところで、ドラマの展開としても面白いです。真冬と立夏は付き合ってはいますけれど今後どうなるのかとか、春樹と秋彦の関係とか、雨月の存在とか、個性豊かでドラマに必要不可欠なキャラクターが多い中で、色々とやらせてもらえて、今回も楽しい収録でした。


左から 村田雨月役 田丸篤志さん、植木 涼役 八代拓さん

――相手キャラ・役者について思うことは?

斉藤さん:今回古川さんは「上ノ山立夏とは一体なんだったのか」という根源的な問いかけを要求される大変な回だったと思います。ただ僕は脳内会議のシーンがめっちゃ好きです。
古川さん:(笑)
斉藤さん:古川さんとはよくご一緒させてもらっていて、普段の上ノ山くんみたいなクールなところも素敵だなと思うんですが、古川さんのコメディのテンポ感がすごく好きなので、個人的には上ノ山くんでそれを見られたのが嬉しかったです。そしてそれを全然意に介していない真冬が、古川さんが出してくれたものを受け止め過ぎちゃいけないというのが難しかったです。上ノ山くん的には新境地だったと思うので、ユーザーさんにもぜひ楽しんでいただきたいです。

古川さん:1巻から一緒にやらせていただいて、今までは脆いガラス細工だったような真冬の内面が、物語が進んで壁を乗り越えたことで、透き通っていて輝かしいけど、宝石みたいにちょっと丈夫になった部分が素敵だなと今回の収録で感じました。初めからあった透明感にプラスしてここまで築き上げていく斉藤さんのお芝居はやっぱりすごいなと思いますし、そんな斉藤さんが収録で側にいてくれるからこそ立夏の振り幅も大きくできる、大きく振っても戻ってこられるというところがあるので、とても頼もしいです。今後の真冬も、もっともっと輝いて色んな感情を見せてくれると思いますので、僕も楽しみですし、皆さんにも楽しみにしていただけると嬉しいです。

内匠さん:個人的には日野さんという役者にも、秋彦というキャラクターにもずっと振り回されっぱなしで。
一同:(笑)
内匠さん:今日の収録が始まる前にとあるアプリゲームを日野さんがやっていまして、「これさ~、ガチャいいの出るかな?」って言うから、「出るんじゃないですか」って言ってよく見たら僕の携帯でやってるし!
日野さん:(笑)
内匠さん:「こらーっ!」って。
斉藤さん:しかも内匠さん「それ、俺もけっこうやってましたよ」みたいな(笑)
内匠さん:そうそう! もう収録が始まる前から振り回されっ放しで、それがそのまま作品に投影されているんじゃないかなという気がします(笑)。ただ、秋彦も過去には色々あって、その過去への思いとか、今のバンドに対してとか、春樹に頼っている部分や甘えているところもいっぱいあって……。だからきっと日野さんも僕に甘えている部分があるんじゃないかなと(笑)
日野さん:強気だな~。
内匠さん:(笑)。そういう関係性をこれからもやっていきたいと思いますので、ぜひ期待していて下さい。

日野さん:偶然でしょうけど、みんなの立ち位置がすごくキャラクターに合っているんじゃないかなと思いました。僕は内匠くんをいじろうがいじるまいがどっちでもいいんですけど。
内匠さん:こら!
一同:(笑)
日野さん:放っておくなら放っておくでもいいんですけど。
内匠さん:そこはちゃんといじって。
日野さん:甘えてるわけじゃないですけど、彼はこっちがやったことに対してちゃんと受けてくれるので、面白くてついつい遊んじゃうんですよね。なのでそういったところでも秋彦と春樹らしいところがあるのかなと思います。あとは真冬の才能と壮馬の才能とか、立夏と古川くんの真っ直ぐで熱い部分とか、何かキャラクターに自然に合っている気がして面白いなと俯瞰で見ていたりします。

――リスナーさんへのメッセージをお願いします。

斉藤さん:皆様のご声援をいただきまして、第3巻をお届けすることができます。原作のキヅ先生の描かれる、繊細でともすれば脆いような、でもそれがすごく美しい世界観を音でも表現できていると思います。今回も本編+トーク、ショートエピソードもあり、たくさん『ギヴン』を楽しんでいただけると思いますので、楽しみにお待ち下さいませ。

古川さん:3巻目にして『ギヴン』というタイトルが我々と関係してきました。名は体を表すではないですが、我々がギヴンだ、ということで、皆様にバンドの誕生の瞬間を原作でも音声でも楽しんでいただければ嬉しいです。『ギヴン』というタイトルを背負ってどんな音楽をやっていくのか、そして我々の思いがどんな風に物語を描いていくのか、キヅ先生の物語に沿って僕らもキャラクターの心情をもっともっと演じていきたいと思っております。これまでたくさん応援していただきありがとうございます。引き続き応援して下さると、続く物語を演じることができると思いますので、どうぞこれからもよろしくお願い致します。

内匠さん:春樹です(笑)
一同:(笑)
斉藤さん:急に(笑)
内匠さん:3巻ともなるとキャスト陣のチームワークもどんどん高まってきてますし、そんな空気感が聴いている方にもなんとなくわかっていただけるのではないかなと。それも含めてぜひ楽しんでいただきたいですね! これからの展開にますます目が離せない3巻。この続きを僕らもぜひ演じたいと思っておりますので、これからも何卒よろしくお願い致します。

日野さん:この作品の持つ繊細さとか儚さ、熱さ、そういったリアルな感情、原作の持つ魅力を、我々皆マイク前でキャラクターを通した音声として全力投球でぶつけています。聴いて下さって本当に嬉しいですし、ただただそれに尽きます。お手に取って聴いて下さってありがとうございました。


会社概要 | プライバシーポリシー

© CROWN WORKS All rights reserved.