『ギヴン-given-4』キャストインタビュー




後列左から 上ノ山母役 櫻庭有紗さん、アヤ/教師役 大井麻利衣さん、矢岳光司役 濱野大輝さん、雨月の一時的な恋人役 福原かつみさん
前列左から 村田雨月役 田丸篤志さん、上ノ山立夏役 古川 慎さん、佐藤真冬役 斉藤壮馬さん、中山春樹役 内匠靖明さん、梶 秋彦役 日野 聡さん

――収録のご感想

斉藤さん:『ギヴン』をやらせていただいていると、バンドものには人と人とが織りなすドラマがあると思うので、今回もみんなと一緒に収録ができて嬉しかったし、もっともっと先もやりたいなと思える楽しい収録でした。

古川さん:本当に楽しい収録でした。立夏と真冬はある程度落ち着いてきましたが、春樹と秋彦がこれからどうなるのか、原作の展開が気になって仕方ないです。だから終わったけどまだ終わった気がしないみたいなところがあります。

内匠さん:今回は春樹のセリフもいっぱいありましたし、感情の落差が激しいシーンもいっぱいあって、無事録り終えられるのか心配もありましたが、なんとか無事に終わってほっとしました。4巻目ということもあって、このメンバーとも仲良くなってきて、「これからどうなるんだろうね」なんて話もしながら和気藹々と収録できたのが嬉しかったです。本編の中では、春樹の天才に対する焦りや苛立ち、「自分て一体……」「それに比べて俺は」みたいな疎外感がすごく理解できて、今回は以前よりも更に春樹に共感しました。これからどんなストーリーになっていくのか、本当に楽しみです。

日野さん:4巻では秋彦の過去もフィーチャーしていただき、秋彦の新たな一面も見られて、とても収録が楽しかったです。座長の壮馬と古川くんが上手くまとめてくれている現場で、僕自身もすごく好きなメンバーなので、またこうやって一緒に収録ができて嬉しい、そんな一日でした。

――真冬・立夏の子供(高校生)組から見た春樹・秋彦の大人(大学生)組は?

斉藤さん:ある意味では真冬達の方が大人な面もあるかもしれないですね。
一同:(笑)
古川さん:言葉で伝えあうことができる。
斉藤さん:大人になってくると、そういう素直に一歩踏み出すようなことは難しくなるのかなと思います。でも僕も春樹にはすごく共感しますね。役者という仕事をやっていると、周りは凄まじい方達ばかりで、「それに比べて自分はなんなんだ」みたいな思いになることがあります。春樹が秋彦に「俺って必要なくない?」と言うところがぐっと来ました。
古川さん:僕もその部分は、誰もが持っている気持ちなのかもしれないなと思います。それでも大学生組の頼れる感じは自分にはないものだし、18歳~20代前半の頃もこんなに大人っぽくなかったです。
斉藤さん:21歳くらいでああはなれないですよね。
古川さん:ご飯作ってあげたり掃除洗濯したりみたいなスペックの高さもあるし、僕が同じ年齢だった頃よりも色々なことを知っていて、絶対的な価値観を持っているのに、だからこそ譲れないプライドもあって察してくれとなってしまうのは、見ていてむず痒くもあります。でもそれも立夏と真冬よりも自立しているからこその悩みだと思うと、ちょっと羨ましく思う部分でもありますね。
――役者としての大人組はどうですか?
斉藤さん:日野さんと内匠さんが現場の雰囲気を作って、絶妙に締めたり緩めたりをして下さっているので、この4人は本当にいいチームだし、ありがたいですよね。
古川さん:先輩方に毎回助けられています。
斉藤さん:フリートークでめちゃくちゃ助けてもらってる(笑)。その様子はCDで。
内匠さん日野さん:(笑)
日野さん:悪ノリしただけだけどね。
内匠さん:本当だよ、もう。日野さんを甘やかしちゃダメだよ。僕よりも先輩だけど。
古川さん:(笑)
斉藤さん:でもこういうところが素敵なんですよね。
古川さん:そうですね。
日野さん:みんな優しいね。内匠くん以外は。
斉藤さん古川さん:(笑)
内匠さん:俺は許さないぞ(笑)
※フリートークはCD『ギヴン-given-4』巻末に収録されています

――春樹・秋彦の大人(大学生)組から見た真冬・立夏の子供(高校生)組は?

日野さん:大人ですよ。
内匠さん:本当に。
日野さん:何よりも発想が真冬も立夏も、特に真冬が大人だなと思いますね。実際自分が高校生の時、二人みたいな思考は持ってなかったです。「ウェーイ」「遊ぼうぜ~」くらいのノリでした。
内匠さん:そんなものですよね。小中高とあんまり変わってない気がするんですよね、基本的に。
日野さん:ね。
内匠さん:でも真冬と立夏はもう自分のやりたいことを見つけていて、がむしゃらに努力して。お金は4人共通してないんですけど。あ、キャラの話ですよ(笑)
古川さん:(笑)
日野さん:これだけみんな仕事してて金なかったら、どういう使い方してるんだって話ですよ。
内匠さん:「みんなリアルでもお金がね……」「意外と苦労してるんですよ」みたいな(笑)
日野さん:夢がない。「あれだけやってても食っていけないんだ」って。
斉藤さん:「バイトしなきゃ」って。
内匠さん:お金に対する感覚も大人組の方が背に腹はかえられない感じがあるし、家族がちゃんといる立夏や真冬の純粋に音楽を楽しんでいる組と、現実を見つつ、その上で音楽とも向き合ってバンドの未来も考えていかなきゃいけないお兄ちゃん達では、やっぱりちょっと違って見えます。
斉藤さん:僕らは高校生ですからね。
古川さん:ねえ。
内匠さん:でもやっぱり子供組と大人組って簡単に分けられないものはあって。
日野さん:そうだね。
内匠さん:音楽が結び付けてくれているからかもしれないけど。
斉藤さん古川さん:そうですね。
内匠さん:みんなが成長しているのは間違いないと思うし、同じバンドのメンバーでも考え方や感覚が違うのはしょうがない。ただ傷つき方は子供組より大人組の方がちょっとエグイかな。
斉藤さん:確かに。
日野さん:壮馬も言っていたけれど、大人になるにつれて素直になれないみたいなところがあって。
内匠さん:大人の方が面倒くさいね。
日野さん:大人を飛び越しておじいちゃんになりたいよね。
斉藤さん古川さん:(笑)
内匠さん:そこまでいけばみんな仲良く。
日野さん:老い先短いからねえ。
内匠さん:「(ヨボヨボ)もういいじゃん、細かいことは」。
斉藤さん:「(ヨボヨボ)それじゃあギターでも鳴らすか」。
古川さん:「(ヨボヨボ)ジャーン」。
日野さん:カッコいいな(笑)
古川さん:内〇裕也さん(笑)
日野さん:めっちゃカッコいいぞ。
古川さん:そんな人達になりたいです(笑)
日野さん:イケてるジジイになりたいです。
斉藤さん:そこまで同じメンバーでずっと続けられたら素敵ですよね。
日野さん:そうだね。
古川さん:確かに。
斉藤さん:色々乗り越えた果てに、そうなるといいなと思います。
内匠さん:真冬と立夏が高校を卒業した後、本当にこのままでいられるのかと……。
斉藤さん:一度は考えるでしょうね。
古川さん:そうですよね。
日野さん:だから5巻がちょっと怖いよね。
内匠さん:うん。
日野さん:5巻が出た時に、真冬と立夏に何かあるのかな、とか。それかタケちゃんがガンガン出てくるかのどっちかだと思うんだよね。
内匠さん:意外と雨月が(笑)
斉藤さん:入ってくる?
内匠さん:天才同士で通じるものがあったりとか。
斉藤さん:真冬が引き抜かれるとか。
日野さん:それはあるかもね。
古川さん:嫌だ(笑)
内匠さん:雨月が真冬を認めちゃっているっていうのが強いよね。
古川さん:本当にあの人厄介!
斉藤さん:(笑)
日野さん:立夏がヤキモキし、秋彦もヤキモキし、ヤキモキしている秋彦を見て春樹もヤキモキし。みんなヤキモキ。
内匠さん:真冬と立夏は言葉に出せるから強いけどね。話は戻るけど。
斉藤さん:そうですね。
古川さん:言葉に出した結果、決定的なことになっちゃうこともありますけどね(笑)
斉藤さん:ズバっと「もうできない!」みたいな。
古川さん:「もうできないじゃないよ!」。
日野さん:ギヴン解散の危機。
斉藤さん:コミックスの帯の煽り文が「ギヴン解散――!?」(笑)
日野さん:ありえる。
内匠さん:これからどうなっちゃうのか。
斉藤さん:期待ですね。
古川さん:はい。
――役者としての子供組はどうですか?
日野さん:1巻の時からできるお二人だから。
内匠さん:もう本当にいつもありがとうございます。
古川さん:いやいやいやいや。
内匠さん:日野さんからしたら二人は後輩かもしれないですけど、僕的にはわりと同期みたいな感じ。
斉藤さん:え~(笑)
内匠さん:2対2じゃなくて、3対1みたいな構図にしません?
日野さん:何を言っているのかよくわからない(笑)

――リスナーさんへのメッセージ

斉藤さん:『ギヴン』をここまで続けてこられたのも、皆さんの応援あってこそだと思います。今回彼らは困難に見舞われますが、そんな彼らのことをぜひこれからも見守っていただけましたら幸いです。『ギヴン』をよろしくお願いします。

古川さん:3巻から引き続き4巻もどうなっちゃうんだろう、と、ハラハラする展開になっています。収録を重ねるごとに、そして『ギヴン』という物語に触れるたびに、どんどん彼らのことが好きになり、心配になる気持ちも膨れ上がってきます。きっと原作を読んで下さっている方、CDを聴いて下さっている方も、同じ気持ちなんだろうなと思っております。ひとまずはこの1~4巻までを楽しんでいただけたら嬉しいです。そして皆様に応援していただけて、この先のお話も私達一同で音声として綴っていけたら、本当に幸せだなと思います。これからもよろしくお願い致します。

内匠さん:4巻は春樹を演じる自分として、共感できる部分が本当に多いです。疎外感や「天才と自分」みたいなもの、自分の好きな人から受ける仕打ちに僕自身も傷ついていて、秋彦許せないという気持ちでいっぱいです。
日野さん:(苦笑)
内匠さん:ただ春樹はなんか秋彦を嫌いにはなれない。そこが僕はちょっとダメだなって思うんですけど(笑)
日野さん:(笑)
内匠さん:その辺りについて、CDを聴いている皆さんの感想を聞かせて下さい。
古川さん:(笑)
内匠さん:そして僕も作品の中に入り込んでしまっているところがあるので、これが完成したら改めて客観的に聴いてみます。皆さんと一緒に『ギヴン』を見守りながら、どんどん演じ続けていきたいと思いますので、これからもよろしくお願い致します。

日野さん:こうして4巻までドラマCDを制作してこれたのは、応援して下さっている皆様のお陰です。人間味あふれるキャラクターがたくさんで、僕も収録させていただくにつれてどんどんキャラクター達を好きになっています。引き続き『ギヴン』の世界をドラマCDという形で皆様お届けできるようにと思っておりますので、どうぞこれからも『ギヴン』を応援して、そして愛して下さると嬉しいです。